八尾市のリフォーム・増改築 快適なお住まいづくり”ライフホーム” 八尾市のリフォーム・増改築 快適なお住まいづくり”ライフホーム”

いい風呂 おはよう

フリー
ダイヤル

0120-1126-08

日曜日 祝日除く 9時〜17時

メールボタン

お問合せ

24時間受付

石造り(?)のトイレ工事の様子!(後編)

毎回やっている冒頭ネタをやるべく、
「今日は何の日」を調べたところ、
気になる記念日がありました。
天使のささやき記念日。
「天使のささやき」とは空気中の水蒸気が
凍ってできるダイヤモンドダストのこと。
1978年のこの日、北海道帆加内町母子里で
非公式ながら国内最低の-41.2度を記録した
ことにちなむそうです。
雪や寒さの持つマイナスイメージをプラスに
変えることを目指しているそうです。
寒い日は温かいお風呂でゆっくりするのが
いいですよね。

 

さて、本題。
「あれ?今の流れで宣伝しないの?」と
思った方。
毎回それだと芸がないので、
ちょっと意表を突いてみました。
改めて、本題。
今回は前回から続くトイレ工事の完成披露。
どのような姿に変身したのでしょうか。
まずは、おさらい。

施工前のトイレです。
石造り風の壁が渋いトイレです。

別角度から。
注目していただきたいのは、

この部分。
トイレ本体の下に台があるのが
おわかりでしょうか。
この台がある分だけ、普通のトイレよりも
少し高くなっています。
さて、施工後はどうなるのでしょうか。

 

いきなり結論から言わせていただくと、

こうなりました。
石造り風だったトイレが一変。
明るい雰囲気のトイレになりました。
そして、

施工前にあったのと
同じように台が造作されています。

別角度から。
新しい台のおかげで、施工前と同じ高さに
なっています。
形が違うのでおわかりと思いますが、
この台は元あったものではなく、
職人さんの新造です。

施工前後を並べて比較。
全く雰囲気が違いますね。
ドアがなければ、同じトイレとは
思えません。
そんな劇的な大変身を遂げたトイレを
ご紹介したところで、今回はここまで。

 

今回はトイレ工事の様子をお伝えしました。
中の人が記憶している限りでも上位に
入るぐらい劇的な変化を遂げましたね。
こんな劇的な変化でなくても、
少し水回りを変えてみたいと思った方は
お気軽に弊社までご連絡ください。
最後はちゃんと宣伝しつつ、
次回もお楽しみに。

一覧へ